予防歯科・定期検診

PREVENTIVE

メンテナンスは、むし歯と歯周病の再発防止のカギ。

予防歯科について

メンテナンスの大切さ

歯科医で治療を受けた後、しばらくして再びむし歯や歯周病になり、歯科医で治療を受ける。――このようなことを繰り返した経験はありませんか?それは、歯医者で定期的な検診や予防処置がきちんと生かされていないことが原因かもしれません。
予防歯科の重要性がおわかりの方でも、むし歯や歯周病のなりやすさといった、ご自分のお口のリスクを知らなければ、予防のしようがありませんね。
メンテナンスとは、歯科医院で医師や歯科衛生士などの専門家が、定期的に皆さんのお口のケアを行い、お口のリスクを「検査・管理・予防」に武庫之荘のふくだ歯科医院は力を入れています。

3カ月ごとのメンテナンスをおすすめする理由

初期のむし歯の場合、痛みを感じないことがほとんどです。歯周病も、歯がぐらつくまで気づかないことが多くあります。痛みや、歯の揺れなどを自覚したときには、すでに症状が進行していることが多く、歯科医での治療が予想以上に長引いてしまいます。
そのため、当院では治療終了後、3カ月ごとのメンテナンス(定期検診)をおすすめしています。予防処置を定期的に行うことで、健康なお口の状態を保つことができます。定期的にメンテナンスを実施することで重症化も防げるため、医療費を抑えるメリットもあります。何より、入れ歯などに頼らず、ご自身の歯で過ごせる年月が長くなります。
リスクの少ない方は間隔を少しずつ長くしながら、患者さまのご負担にならないように進めていきます。
当院からは、定期検診が近づくとご案内葉書でお知らせしています。

定期検診メニュー

TBI(ブラッシング指導)

TBIとは「トゥース・ブラッシング・インストラクション」の略。当院では、必要に応じて歯科衛生士などによる歯磨き指導を行っています。
食後にブラッシングを行うことは、むし歯や歯周病を予防するための大切な要素です。正しいブラッシングを身につけ、プラーク(歯垢)を溜めず、清潔な歯を保ちましょう。

PMTC

歯科医師、歯科衛生士など歯科治療に関わる専門家による機器を用いた歯のクリーニングです。歯面清掃による、お口の健康維持のための環境づくりを目的とした処置です。 PMTCでは、歯の表面から1~3mm程度の歯と歯肉の境の溝の中のプラークをすべて取り除くことができます。プラークは細菌の塊です。実施後、ツルツルに磨かれた歯面はプラークがつきにくくなります。

PMTCは、特に次のような方におすすめです。

  • タバコのヤニや茶渋などの着色にお悩みの方
  • 歯肉炎、歯槽膿漏、口臭の予防に
  • 知覚過敏、むし歯の進行抑制に

唾液検査

唾液には、お口の中に残った食べかすを洗い流したり、むし歯の原因菌を弱らせたりするなどの効果があります。
唾液の効果には個人差があります。まずは唾液の質を検査することで、定期健診の期間(リコール期間)を決定する目安になります。
定期健診では、歯の状態チェック・治療、ならびにフッ素塗布を行います。
当院では専門家による口腔内清掃(PMTC)のみに頼ることなく、むし歯の原因菌の量、唾液の量、唾液の質なども検査し、甘味の摂取、フッ素の応用等など個人に対応したアドバイスをしています。

シーラント

上下の奥歯が噛み合う部分にプラスチックを埋め込んで、その部分のむし歯を予防する方法です。 シーラントを施す部分の歯の溝をきれいにし、そこにシーラントを貼り付けるというシンプルな手法です。生え立ての永久歯の奥歯など、歯磨きをするときにブラシが届きにくい場所に有効です。
本来の噛み合わせをずらす処置ですから、噛み合わせに注意しながら進めます。

フッ素塗布

歯の一番外側にあるエナメル層は、フッ素を取り込むことで、より丈夫に硬くなり、むし歯になりにくくなります。
フッ素は歯医者で取り込むだけでなく、ご家庭で日常的に取り込む方法があります。

お問い合わせ 06-6368-8855