よくある質問

FAQ

痛いのが怖くて歯医者に最近行っていません。治療の時に痛みはありませんか?
無痛治療を心がけていますのでご安心下さい。
歯科治療時の痛みというのは麻酔注射の痛みと、麻酔が効いていないための痛みの二つが主に考えられます。当院では歯ぐきの表面に予備麻酔を行い、また十分に時間をかけて麻酔を行いますのでほとんど痛みを感じることはありません。
昔治療していた歯の詰め物が取れましたが痛みはありません。痛くないのでこのままでも大丈夫ですか?
大丈夫ではありません!なるべく早く受診して下さい。
むし歯は必ず痛みがあるとは限りません。痛みがないからといって放置しておくとどんどん進行していきます。取れたところがむし歯になっている可能性もあるので早めにかかりつけの歯科を受診することをお勧めします。
肩がこると歯ぐきが腫れたり痛んだりします。これって歯が悪いのでしょうか?
歯周病(歯ぐきの病気)の可能性が高いと思われます。歯ぐきのチェックが必要です。
疲れがたまっているときや体調が悪い時は、体の免疫力が低下しています。その時普段は抑えられている病気が表面化するのです。あなたは歯周病にかかっていると思われます。このまま放置しておくと歯周病がどんどん進行していく恐れがあるので早めに一度歯ぐきのチェックにお越し下さい。
取り外しの入れ歯が合わなくて、よく噛めません。
まず入れ歯の調整をしましょう。
入れ歯の下の歯ぐきの形は少しずつ変化していきます。そのためある程度の時間が経過すると入れ歯が合わなくなり、よく噛めなくなります。調整をしたり新しく入れ歯を作り直したりすることでしっかりと噛むことができるようになります。
最近、親知らずが生えてきました。親知らずは抜いた方が良いと聞いたのでのですが本当ですか?
抜かなくてもよい場合と抜いた方がよい場合があります。
親知らずが正常に生えている場合、キチンと歯磨きができていれば抜く必要はありません。ただし生え方によっては抜いた方がよい場合もあるので、痛みや腫れがある方や気になる方は一度受診して下さい。
お子様を歯医者につれて行きたいのですが、嫌がって行こうとしません。
当院のスタッフは、お子様の歯科治療に対する不安な気持ちについて十分に勉強し理解しています。
お子様用のプレイルームもご用意していますので、まずは遊びに行くような感覚で、治療しないで来院してもらうだけでも結構です。そして保護者の方と治療計画を立てて治療に入ります。当院は診療台に画面がついていますので、そこでお子様用のDVDを流すことも可能です。できれば、親御さんが治療している横でDVDを見てもらったりすると、歯医者さんって意外と怖くないんだと思ってもらえるのではないかと思います。
お子様の歯は、いつから気をつければいいですか?
個人差はありますが、3歳位を目安にするといいでしょう。
極論を言えば、もちろん歯が生え始めた頃からガーゼなどで拭いてあげるのがベストです。
しかし、この頃にむし歯になることは少なく積極的に行わなくても大丈夫です。 気をつける時期としては、むし歯ができやすい、また歯の治療を行なえる3歳頃を目安にするといいでしょう。
お子様の歯で不安や疑問などありましたら、小児歯科に力を入れる当院までご相談下さい。
お問い合わせ 06-6368-8855